寒九の水汲み 参加者募集  -地酒 菅名岳寒九の水仕込1本進呈ー

寒九の水汲み 参加者募集

1月中旬、寒の入りから9日目、今日は「寒九の水くみ」の日です。この時期にしては多目の積雪に見舞われた、水汲み場所、五泉市の南東に位置する「菅名岳」の麓には、県内外から400名を超える参加者が詰め掛けます。受付をした参加者は林道に進み、用意された水汲み用ポリタンクを受取ります。ポリタンクは10Lと20Lの二種類が用意されています。
ポリタンクを背負った参加者は、除雪された林道を30分程歩き「水汲みスタート地点」へと向かいます。
「水汲みスタート地点」には休憩出来るテントが立てられ、その横には背負ってきたポリタンクの水を集めるタンクと、その水を酒造会社に運ぶためのタンクを積んだトラックが待機しています。
水汲み本番、ここからは狭くてデコボコした山道を進みます。
雪深い森の沢伝いに道がつけられています。これは、前日からスタッフの方々が完全装備で切り開いたものです。所要時間は片道30分程、道が狭く、すれ違うため待機する時間ロスも含めての時間です。
道は、重い水を背負っている下りの人が優先。比較的広い場所で、下りの人をやり過ごしながら沢伝いに山を登ります。
水源地である「胴腹清水」(どっぱらしみず)の湧き出る地点は、ここから100mほど上にあるそうですが、この先は斜面の傾斜がきつく雪崩の危険があり、また道も険しいため、広くなっているこの水汲み地点まで長いホースで導水しています。「胴腹清水」が流れ出てくる5本のホースからは、次々と到着する参加者の背中のポリタンクに水が注入されていきます。
帰り道は背中が重たくなるので、気をつけてバランスをとりながら、狭く滑りやすい雪の山道を下ります。
この日に汲まれた清水は、清酒「菅名岳」の仕込み水として使われ、淡麗な日本酒に生まれ変わります。

022023024025 026

 

 

 

 

 

 

 

 

【寒九の水汲みダイジェスト動画】

※ 要事前参加申し込み  ー越後泉山会(えちごせんざんかい)会員酒店ー

寒九の水汲み

寒九の水汲みへのアクセス

咲花温泉磐越から車で10分
道安田ICから車で20分
JR五泉駅から車で20分

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。