山崎糀屋 -発酵食・糀文化へのこだわりー

発酵食・保存食文化

米の国・越後の「狐の嫁入り」で有名な阿賀町津川は阿賀野川のほとりにある町です。
この町を歩くとあちらこちらに糀・味噌を扱う店があり、発酵食・保存食の文化がさかんな土地だとわかります。
交通手段が発達していなかった昔、日本海の海岸線にそって運行する北前船、阿賀野川の帆掛舟で 身欠にしんな
どが運ばれていました。
新鮮な食材が手に入りにくい地域の人々にとって、食材を長期間保存 ができ栄養もある糀は、とても大事なもの
でした。

DSCN1120                      ー創業明治元年  山崎糀屋ー

 

DSCN1124                 生黄糀で造った特別美味しい「烏賊の塩辛」 烏賊の皮むきは不要です

山崎糀屋の女将 山崎京子さんが糀パワーについて教えてくれました。
女将さんの年齢を聞いてびっくり! 70歳には見えません。
24歳で糀屋に嫁いで46年、70歳になる女将さんのお肌はぴかぴか、つるつる、病気知らずで元気満点です。
女将さんから学ぶ「糀ワールド」は美味しいだけでなく、美しく健康になれる秘訣満載です。
本人自ら話されると、とっても説得力がありますよね!
是非、みなさんも山崎糀屋さんに行ってみてください。 詳しくは icon-forward  山崎糀屋  津川町

DSCN1122

越後美人・・・でも糀美人でしょう! 糀水ミストでもお肌がツルツルになります!
腸には体内の免疫細胞の三分の二が集まっています。 腸のトラブルは免疫力や自然治癒力の低下になり
ます。 発酵食品は腸内環境を良くし、免疫細胞を活性化し、体内酵素をつくります。
詳しい事は女将さんが教えてくれます。

オリジナルの黄色い糀

DSCN1127

山崎糀屋が使う糀は、特別配合の糀菌でつくった、糖度が高く発酵力の強い『生黄糀』です。
糀を繁殖させる室は湿度95%以上、温度30℃前後に保つため、最新技術の室で安定した品質の糀を製造できる
ようになりました。

DSCN1123                     糀商品のラインナップ

オリジナルの味噌

山崎糀c03img01

山崎糀屋c03img02
薪で焚いた大豆は遠赤外線の影響で豆の内側から熱が入り、トロトロと柔らかく煮上がります。
新潟産大豆と赤穂の天塩、山崎糀で仕込んだ味噌は無添加、自然熟成の昔の味そのままの豊かな
風味です。

塩糀を使った碧水荘の料理

DSCN0993碧水荘_料理01_R

碧水荘では、山崎糀屋の塩糀を使って鮭の塩辛と豆腐の塩糀漬けを造りました。
野菜も塩糀で漬けると大変美味しくなります。

DSCN1129

御膳で朴葉の上で焼かれているのが身上にしんの麹漬けです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。