破壊と創造の歴史 

破壊と創造の神 シバァ

破壊と創造の神 シバァ神

 

破壊と創造の歴史は、人類が何度も経験した事であり、そのたびにショック療法のように社会

は変化してきた。 新型コロナウィルスのワクチンが一般医療機関に適用されるまでの間をど

のように生き残るのかを個人も企業も考える必用がある。 私の属する観光・宿泊産業は絶望

的に売上が減少している。 以前、阿賀野川の洪水で壊滅的な状況になった碧水荘に似ている

が、これが世界中で起こったのである。 よく言われることは深刻になるな、真剣になれであ

る。 深刻はネガティブであり、真剣はポジティブである。 コロナ以前と以降では環境がが

らりと変わったのである。 事業の発展でなく生き残りへの突然の方向転換であり、BCP(事

業継続計画)の策定が必要である。  レジリエンス(立ち直り)が重要で、環境適応能力、

柔軟性、迅速性、リスク管理で、危機の回避、予防、被害の最小限化、復旧の最短化等の項目

がある。 できうる限りのキャッシュを用意して雇用を守る必要もある。 ここで新たに事業

モデル(収益構造)と雇用システムを再構築して、将来どうあるべきかを皆で検討し、新たな

意識改革を図りアフターコロナに向け強い企業体質に変革するチャンスである。 ピンチをチ

ャンスにする人の特徴は、幻想のような利己の利益を失う恐怖を克服している人である。

昔は海軍出身の経営者で何事にも動じない立派な人がいたとか、経営の神様と言われた松下幸

之助氏は会社を潰した経験が無い人は本物でないと語っている真意はこの事だろう。 利己で

無く、利他の精神が巡り巡って自分を活かしているのである。 危機に瀕している大変厳しい

状況でもユーモアのある人、マナーや身なりのきちんとした人、挨拶をする人は本当に強い人

である。

 

 

 

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。