Herb Land Season   もうすぐ勉強を始めて1年になります

Herb Land Season    -はじめに-

『咲花温泉かわまちづくり』では築堤植栽区間及びきなせ堤河床の植栽についてどうするのか悩んでいました。 この季節になると雑草の草刈りが大変で、碧水荘の草刈りだけでも重労働なのに築堤後の膨大な植栽区画の管理は どうしようか・・・と悩みは尽きません。 もちろん、きちんと管理がされて、季節の花が咲く『咲花温泉』になればいいのですが、誰が管理するのか、どう 管理すればいいのか、膨大な労働を強いられる気持ちでした。 答えのないまま、とりあえず植栽の勉強をしてみようかな・・・ どうせなら植栽活動を楽しめるようになりたいな・・・ 旅館の経営者、従業員、お客様、地域の人にも植栽活動の楽しさを伝えられるようになりたいな・・・ そんな思いで、昨年の今頃ハーブランドシーズンの門をたたいて勉強を始めました。 ここは、佐潟のほとりにある植栽を楽しむ楽園のような場所です。 植栽は苦労して行う事でなく、植物の活かし方、楽しみ方を学んで楽しく行う事である・・・ 楽しみ方がわかる人の周りに、多くの人の関係が出来て、植栽活動がひろがっていく・・・ そんな楽園のような場所で、勉強するのがいつの間にか私の楽しみになってきました・・・ 女性ばかりの生徒さんにまじって、中年の私が勉強するのは恥ずかしさでいっぱいでしたが、勉強すれば植物の 素晴らしさに驚くばかりで、敵にしか見えなかった雑草でさえ愛おしく、活用方法を考える自分になってました。 佐潟に吹く風、風に揺れる季節の花々、生命力あふれる大地、大地を耕す楽しむ人たち・・・ 衣食住すべてに無駄なく活用できる植物の素晴らしさは、ここでの発見です。 人の健康に役立つ天然の環境にやさしい、さまざまな商品になっていく可能性に溢れた植物・・・ 旅館の衣食住すべてに活用できる可能性が見えてきました。 ここでは、そのひとつひとつを月ごとに紹介していきたいと思います。

 

  ■ホームページは icon-forward Herb Land Seasonハーブランド1104-1

 

 Lesson-1 8月27日(木)講座

 icon-cutlery 食とハーブ
 
  料理では、フレッシュハーブに向くもの、加熱すると香りが良くなるためドライハーブに向くものがあります。
  近年では薬効的な効果が見直され、多種多様なハーブの効果がわかってきました。

 

  〇バジルペースト シェノベーゼ
 DSCN1005 バジルペースト 
 ・オリーブオイル、にんにく、松のみをミキサーにかける
 ・バジルをミキサーに加える
 ・ミキサーにかけたペーストにおろしたてのパルミジャーノチーズを
  を加える
   パスタ、インゲン、ジャガイモをゆでて、塩・コショウで味付けした
   たものに、バジルペーストを加えて手早く混ぜる。
  ハーブとお花のトマトカップハーブドレッシング
 ・トマトのヘタを取り中をくり抜く
 ・モッツアレラチーズとアボガドにハーブドレッシングをからめて、
  トマトに詰める 

  〇スパイシーラタトゥユスープ

DSCN0997            ・スッキーニ、ナス、タマネギ、パプリカ、ニンニクを刻む。
            先ほど、中身をくりぬいたトマトも使います。
 
            碧水荘の調理長 岡村も手際よく野菜を刻んでいます。
            私は、ニンニクの皮むきしか出来ませんでした。
       

           ・鍋にオリーブオイルとクミンを入れ、弱火で炒める。 
           ・ズッキーニを入れ焼き目が付いたらナスを入れる。
           ・ナスがしんなりしたら、ニンニク、タマネギ、パプリカを加える




DSCN1004      混ぜるのは私に任せて下さい! (私が自分で混ぜてます)
     ・火が通ったらトマト、塩を入れて10分程中火で煮る
     ・トマト缶、ブーケガルニ、フォンドボウ、セロリ粉末を入れ煮る
      (野菜の水分が結構出てきますので水はいれませんでした)
     ・最後にエルブ・ド・プロバンスを入れ器に盛り、イタリアンパセ
      リを飾る




料理を皿に盛り付けると・・・・・
完成です!  花も盛り付け、きれいですね!

DSCN1006DSCN1008
ここで注目!  ハーブ水です。 レモングラス、ミントを入れたハーブ水はさっぱりして私は大好きです。

DSCN1007
   

 

 

 

 

 

icon-leaf 藍染めにチャレンジ!
「青は藍より出でて藍より青し」という諺で有名な藍とはインデイゴという色を含む植物の総称です。
涼しげな青い色は夏の装いにぴったりです。
タデ科の一年草、蓼藍で染めてみます。

DSCN1015DSCN1017
葉っぱを摘んで、茎を取ります                     水を加えミキサーにかけて濾します

DSCN1018DSCN1021
布を浸して染色 (私は絹製布にしました)               染めた直後はグリーン色です

DSCN1028DSCN1034
水で洗うと青色に変色します                      乾燥させて完成します

DSCN1035 布の種類で若干色に違いが出ます。涼しそうな青色で、きれいに染まりました!

 

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。